バカにならない手数料

投資信託って、定期預金などと違い、こちらが「預ける」のではなく、その投資信託を「お金を出して買う」ものです。しかも買うときに、こっちはお客さんなのに、手数料取られます(涙)。
投資信託購入時にとられる手数料というのは、「販売手数料」。何でこんなものがとられるかというと、販売会社が、その投資信託商品販売のための宣伝などにかかったコストなどを回収するためです。おまけにコイツには消費税がきっちりかかってきます。たとえば、購入金額がきっちり100万円で、販売手数料が3%の投資信託の場合、購入金額のほかに税込み31500円もの手数料を支払わないといけないわけです。

「販売手数料なんて一回こっきりだからたいして気にしなくても…」と思われるかもしれませんが、たとえば短期で解約しなければいけなくなったとき、最初に払った販売手数料まで差し引いたら赤字、なんてケースも少なくありません。

あと、たちの悪い担当者の場合、投資信託購入後もひんぱんに「もっとよさそうなのが見つかりましたから、こちらの投資信託へ買いかえましょう」などと持ちかけてくるケースがありますが、これにホイホイ乗るのは考えものです。短期での購入・解約の繰り返しは手数料収入として販売会社のフトコロをあったかくしてあげるだけに過ぎない、と私は思っています。すべてがそうとはいいませんが、ひんぱんに買いかえをすすめてくる担当者がいたら、その担当者が本当にあなたの利益を考えてくれている可能性は相当低いと考えていいと思います。

関連エントリー

 
Copyright © 2007 投資信託のリスクを防ぐ初心者ガイド. All rights reserved