インデックス連動型投資信託とアクティブ型投資信託

国内株式投資信託は、その運用の手法によっても、「インデックス連動型投資信託(パッシブファンドなどともいわれます)」と「アクティブ型投資信託」の2つに大別されます。
さて、この2者の最大の違いは何かというと、運用における積極性です。
まず、インデックス連動型投資信託というのは、日経平均株価やTOPIX(東京株式市場)などの株価指数(たとえば日経平均株価指数とか)に連動した運用を目的とした投資信託です。…といっても分かりにくいですよね^^;

ようするに、日経平均連動型の場合だと、日経平均に入っている複数の銘柄(現在のところ225社)にバランスを考えた投資をして、日経平均の値動きと投資信託の値動きが同じようになるよう、あわせていこうというわけです。TOPIX連動型にいたっては、東証一部上場の全銘柄(およそ1700銘柄)がモトになりますので、ものすごい数の分散投資をしているのと同じことになります。
これらと値動きをあわせるインデックス連動型投資信託は、日経平均やTOPIXとまるで二人三脚のような状態になります。

たとえば、日経平均株価が17000円のときに日経平均連動型投資信託を買ったとしましょう。そしてこのあと、日経平均株価が17000円より上がれば、投資信託も資金がふえているということ、逆に下がってしまっていたら、その分資金も減ってしまっている、ということ。市場の情勢そのものが、運用結果を左右します。

ちなみに、このインデックス連動型の場合、ファンドマネージャーによる運用結果の差がそう大きく出ることはありません。なぜなら、この手の投資信託はすでにシステムのプログラムができあがっているからです。

これにたいしてアクティブ型投資信託は、こうした株価指数に連動するのが目的ではなく、たとえ少々アブナい橋を渡ってでも(リスクの高いところに投資してでも)、アクティブ(能動)の名が示すとおり、もっと積極的に利益を追求するタイプの投資信託です。このため、その運用結果はまさにファンドマネージャーをはじめとする、運用会社の手腕にかかっています。もちろんこちらはプログラムなどありませんから、かなり人の手がかかる投資信託といえます。

アクティブ型は、言葉は悪いですが、「高い収益の可能性があれば、いちかばちかのバクチ先のようなところに投資する時もある」ということなので、結果として大きな収益を得られることもあれば、大損する可能性だってあるわけです。

個人的には、慣れないうちはインデックス連動型のほうがおすすめだと思いますね。アクティブ型はリスクにたいする考え方なども千差万別なので、その商品選びにおいては投資家の知識と理解力もある程度必要になってきますから。

関連エントリー

 
Copyright © 2007 投資信託のリスクを防ぐ初心者ガイド. All rights reserved